上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クライシスコア-ファイナルファンタジーVII-アルティマニア クライシスコア-ファイナルファンタジーVII-アルティマニア
スタジオベントスタッフ (2007/10/18)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


特に攻略本の必要性を感じているわけじゃないのに、表紙に釣られて衝動買い。このイラストは反則だよ(いや、これが本当の販促なのか?)。
ザックスを囲んでアンジールとクラ子が居たらそりゃ買うしかないよ(涙)よりによって昨日の雨の日に買っちゃったんで、濡れないように気を遣うし、重たいし…でも幸せ(笑)
で、今日になって漸く開封した(爆)

以下、ネタバレなのでアルティマニア未読、ゲームクリア前等の方はお気をつけ下さい。
シークレットの部分でラザードの身の上話が載っていたのですっきり。ゲーム内での情報で解ってはいたけど、ちゃんと公式設定として教えてもらえるとすっきりするな。
ただ最初はラザードの一連の行動が母への愛と言うか、息子として母のためにも神羅が許せないという感情がね、アレだけの事件を引き起こすきっかけとも言える訳だから、それにしちゃちょっと弱いんじゃないかなと思ったんだけど…
母への愛で星を滅ぼそうとした人がいたっけ…
と思い出して納得(爆)そうだよな~母を愛するあまり全てを憎んで星を滅ぼそうとしちゃったんだよね、セフィロスは。それに比べりゃ会社ひとつ潰そうとするくらい当然だよな~と(いや、その納得の仕方も極端だけどさ)。

10年前、FFⅦをプレイした時は正直、セフィロスの行動も彼を突き動かした感情もイマイチ理解できなかったんだよね。理解できなかったというか、共感できなかった。
そこが唯一のモヤモヤだったんだけど、クライシスコアをプレイして、やっと、セフィロスの事が理解できた気がする。そしてもっともっとFFⅦが好きになれた。
だからクライシスコアは少々ヌルイゲームでも良いやって思う今日この頃(笑)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。