上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家のダイニングテーブルで、私の席は二人掛けのベンチタイプの椅子になっている。そしてその背後にはサッシがある。
この時期、エアコンをあまりつけない我が家では食事時に私の背後のサッシを開けると非常に快適だ。しかしここをあけると天鈴が音も無くやってきて脱走を企てる。
大体、私が気配を察して「こら!」と注意したり、「何やってるの?」と問いかけると止めるのだが、そうすると私も食事に集中できない。
天鈴も以前ほど積極的に脱走を企てようと言う訳ではないらしく、娑婆の風を頬に感じたいだけな時もあるらしい。
そこで、食事中、天鈴には私の横に座っていて貰う事にした。
天鈴は基本的に「テーブルにのるのはいけない事」と理解している。だから私が「ここにおいで」と言ってもかなり戸惑った様子だった。
「ご飯の時に、天鈴が椅子に座って良いのかニャ?」と言った風に考え込んでいるのが可愛い。
「天ちゃんを見張るのも大変だし、お互いに気分が悪いじゃない?だからここで大人しく座ってて欲しいんだよね」
と説明すると天鈴は素直に従ってくれた。
テーブルから漂う匂いにちょっと誘惑されつつ、天鈴はちょこんと私の横に腰掛けた。ベンチの背もたれが籐で出来た籠目になっているから風通しも良い。天鈴も案外良い感じだと思ったみたい。
家族も天鈴の所在がハッキリするし、私が横にいる限り天鈴がテーブルの上の物に手を出す心配も無い。非常に良い感じだ。
ただ、お客さんが居たら出来ないけどね。
天鈴が物分りの良い猫で本当に助かる(笑)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。