上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は仙台から平泉へ移動日。目的地は中尊寺一箇所なんだけど、14時に約束があって、時間までに中尊寺本堂へ行かなくちゃいけない。
目が覚めて直ぐにホテルの窓から空を眺める。
窓の外は快晴。空には大きな雲が。

VFSH0404.jpg

雨雲って雰囲気ではなくて…何かが雲の中に潜んでいそうな感じがして面白かった。



VFSH0405.jpg

「ほら!あそこにラピュタが!」←嘘。

良い天気だね、なんて良いながらホテルで朝食を済ませ、荷造りを済ませて仙台駅に向かう。約束は14時だけど、念のため1時間半以上前に着くように10時40分の東北本線に乗る予定だった。
ところが、駅に着くと何だか様子が変。
駅員さんはみんなバタバタ走り回っているし、ホームで苛々しながら経っている人が多数居る。異変を感じた陽炎と顔を見合わせていると、駅舎を叩く強風に気がついた。
強風により全線運転見合わせ、運休、ダイヤ変更の嵐

…orz

14時からの約束は絶対に外せない大事な約束。
別に少々電車が遅れてもいいが、1時間半を越えてしまうと不味い。
陽炎と二人、一向に来ない電車を待ちながら溜息をついていると一時間遅れでどうにか電車が来た。
コレなら間に合うぞ~と思っていたら、一関まで行くはずの電車が途中の小牛田止まりに変更(涙)どうにか電車を乗り継いで一関に付いた時には何と13時40分。ギャー!(涙)
とにかく転げるようにして改札を出て、ロッカーに荷物を押し込んでタクシーに飛び乗る。
焦っている私達を見て運転手さんは不思議に思ったらしい。
「14時に中尊寺本堂に行かなきゃいけなくて!とにかくお願いします」と言うと、「ギリギリだな!ま、行ってみよう!」
…物凄い、速度オーバーだった。一般道を走っていい速度じゃないって。
でもそのおかげでギリギリ14時に中尊寺に到着。今回は特例として中腹の駐車場まで乗せて貰ったからね(普段は、参道入り口で降ろしてもらって、ちゃんと月見坂を登るのだ)。

中尊寺の中は新緑の頃で、若々しい木々の葉が陽光に透けて軟らかな光を落とす。吹き渡る風は優しく涼やかで、前日の雨に洗われた木々の清浄な香りを運んでいる。
力強く旺盛なむせ返るような生気ではなくて、確かな力を秘めたそれでいて軽やかな心地良い生気に満ち溢れていた。歩くだけでうっとりしてしまうほどの心地良さ!
これこそ、中尊寺だ。優しくて暖かで清浄で。
緑の息吹を全身に感じる事が出来た。

飛ばしまくった運転手さんのおかげで約束には5分遅れで間に合った。
その後は和尚さんと一緒に境内を歩き、1年ぶりに金色堂にお参りをして半日を過ごした。
夜は一関で美味しい三陸の幸を頂き、幻の焼酎まで頂いてしまった♪ご馳走になるって、良いよなあ(爆)
強風という思いがけないアクシデントに見舞われたけれど、今日も一日楽しい日だった。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。