上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VFSH0019.jpg

天鈴くんは元野良猫。
だから誕生日も、出生地も、猫種も全てが謎。
誕生日に関しては、何もお祝いできないのも寂しいから記念に私と初めて出会った日を勝手に『誕生日』に設定してある(笑)
出身地も全く解らない。猫語を翻訳するミャウリ○ガルがギガント進化したら天鈴に語ってもらえると思うんだけど、多分その頃まで私も天鈴も寿命が持たないに違いない(笑)だからコレに関しては諦めた。
後は猫種。
これはちょっとは推測できる。猫好きの友人達の意見としては、毛色が日本猫には無い色味だから洋猫が入っているのだろうとの事だ。確かに天鈴は割としっかりした骨格をしているし足が太い!(笑)
全体的にグレーだから、複数の人に「ロシアンブルーですか?」と訊かれたが、それは無いだろうと思う。だから「いえ、そんなに上等な猫じゃありません」と答えている(爆)
全体的にうっすらと縞がある時点でロシアンブルーではない。
「お前、本当にミステリアスにゃんこだね」と言っていたら、先日ある人が「天ちゃんってベンガル?」と言った。
むむ?ベンガルとな?
ベンガルと聞くと、あの個性派俳優のベンガル氏が浮かんでしまう猫種に疎い私(爆)慌てて調べてみると、確かにベンガル種の猫は天鈴に近い縞模様がある。全体的に大柄なのも一緒だ。天鈴のシマシマのルーツはベンガルなのか?!
しかし、天鈴はどう見ても純血のベンガルではなさそうだ。
ベンガルの血が何処かに入っている可能性は高いけど。
何かの拍子に判明したら面白いな。でもこのままミステリアスニャンコなのも捨てがたい。

ちなみに、獣医さんが発行してくれたワクチン接種済み証明書にはばっちり「日本猫」って書かれている(笑)
うう~ん、ミステリアス♪
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。