上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天鈴君の主食はカリカリ。カリカリはいつでも食べられるようにと言う獣医さんの指示で廊下にある。おやつは猫缶で、これは私や母におねだりをして、今の床の上で食べる。
でもそれ以外にも、天鈴は人間の3度の食事時には必ず一緒にテーブルに着く(笑)
ベンチになっている私の席の隣のちょこんとお座りをして、じっとしている。美味しそうな匂いがすると私の膝を叩いて「ねえ、ちょっとくれない?」とゴマをすってみたり、モグモグしている私の口元の匂いをかいでみたりする。
とっても食べたそうな時もあるんだけど、家族の食事中には絶対にテーブルに乗ったり食べ物に手を出したりしないのが偉いなあと思う。食べ物を貰いたいと言うより「僕も家族の一員だから席に着くんだもん」って印象を受ける。
まあ、天鈴君も一人前のニャンコだから、誰も見ていなければテーブルに飛び乗って食べ物を強奪しようとする事もあるんだけどね(笑)
食事中、天鈴が私の太腿に上半身を預けてじっとこちらを見上げていたり、傍に居るだけで満足って顔で揺らしている尻尾が脇腹をくすぐったりしてくるのが、私にとってはとっても愛しい。
猫の魅力について、ネタは尽きないなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。