上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はのんびり家で静養しようかと思っていたら「モンハン大会をしよう!」とお誘いがきた(笑)私はゲーム下手だから全然戦力にはならんのだが、それなりに頭数が揃うと何とかなる事もあるし、どうせなら一人でも多い方が面白いのでPSPを鞄に詰めて駆けつけ、遠慮なく参加させて貰った。
今日はフィールドを走りまくる厄介な毒飛龍のゲリョス捕獲と、蒼リオレウス討伐に挑む。
ゲリョス捕獲は一緒にプレイした陽炎もヤヤも「捕獲タイミングが解らん」と言う。勿論私も解らない。やりすぎて討伐しちゃったらこっちの負けだが、へっぽこハンターは必死に攻撃しなきゃいけないからその辺の匙加減が難しい。
とりあえず三人でガスガス斬り倒して、そろそろ麻酔玉をぶつけてみようと言う事になった。落とし穴を仕掛けて、ゲリョスが落っこちたところで「麻酔玉、ぶつけてみるよ」と言ったら陽炎とヤヤがさっと離れた。ぽつんとゲリョスの前に取り残されて急に不安になる。これであらぬところに麻酔玉投げちゃったら起こられるかもしれないなあと震える手でボタン連打。無事に麻酔玉二つを命中させるとあえなくゲリョスさんが眠りこけた。
おお、幸先良いじゃん。
続いて、蒼リオレウス…リオレウスに挑むどころか、ヤツの顔を見るだけでも泣きそうなのに、突然変異で強い蒼リオレウスなんて叫び声を聞いただけで鳥肌が立っちゃいそうだ。蒼リオレウス…一流ハンターの陰に隠れられるとは言え、我ながらチャレンジャー…。
こいつ、強いのだ。一番腕利きハンターのヤヤも一人で挑んで倒しきれずにタイムオーバーしちゃったという。
「無理しません、深追いしません、後方支援に徹します」と宣言して参加。後方支援とはアイテムを駆使して戦闘を優位に進めること。これこそへっぽこハンターの処世術だよ(我ながら情けなくて涙が出そうな台詞だな)
ヤヤが切り込み隊長となって蒼リオの体力を削る間、一番戦いやすいフィールド3で日向ぼっこをする私(爆)そして蒼リオが飛来した瞬間、ヤツの着地点に落とし穴を設置。「落ちたぞ!」という私の叫び声を合図に全員で一気に斬りかかる。落とし穴にはまった飛龍は動けないからこの時とばかりに私も斬りかかる(戦力になれそうな時には頑張らないとね)全員がデスパライズを装備しているからリオが麻痺する率もかなりアップ。頻繁にリオの動きが止まって面白いように攻撃できた。
蒼リオが落とし穴から脱出したら即行で戦線から離脱し、新しい落とし穴を作って再び戦場へ。戦うヤヤと陽炎に加勢もせず、蒼リオの足元で不審な動きをする私。そして唐突に落とし穴に落ちる蒼リオ(私のリオアレルギーを知っているヤヤはリオの足元でやおらしゃがみこむ私を見て「何故今ここで採集?」と思ったらしい。ダントツでヘイトが高い陽炎が居るから何となく余裕があったんだよね。笑)。
えげつない戦法で確実に蒼リオを落とし穴にはめ込み、三人で滅多斬り(笑)更には巣に戻った蒼リオが怒り狂って暴れまくる足元にも入り込み、ヤツが立ち止まってブレスを吐く瞬間にも落とし穴設置(笑)
我ながら、こんなにも後方支援がうまくいくと笑えてくる。
そして、殆ど戦力になっていないくせに、最後の最後でよろけたリオの傍にいたので、ヤヤと陽炎が回復と武器研ぎで離れた瞬間に蒼リオの膝頭に一撃お見舞いしたらそれが止めになって蒼リオ討伐成功(笑)
大体25分くらいで討伐できたwww
しかも爪と頭部を全て破壊できて、リオをボコボコにした満足感もたっぷり!
今回の無駄の無い私の落とし穴工作をヤヤが大変評価してくれて「落とし穴の魔術師」の称号を頂いた(笑)
モンハンの集団プレイは本当に面白い。今日は楽しく興奮した一日になった。リオアレルギーも少しは軽減されたかも?

因みに本日の対蒼リオレウス装備
武器:デスパライズ
頭:メルホアGフロール
胴:ガレオスGメイル
腕:クックDアーム
腰:バサルフォールド
脚:ランゴグリーヴ

この装備は「自動マーキング」スキル発動。個人的にランゴグリーヴの色は嫌いだけど、千里眼のポイントが高いから外せない。早く良い素材を手に入れてもっとカッコイイ装備にしたいけど…当分このままかなあ。

所持品
調合書1~5全部、落とし穴、トラップツール2、ネット2、砥石10個、解毒薬10個、回復薬グレート10個、鬼人薬2、硬化薬2、

途中で陽炎から落とし穴を受け取って設置。こんがり肉を忘れてしまったのでヤヤからこんがり肉Gを1個貰って助かった♪こういう時にも集団プレイは楽しい。
落とし穴とトラップツール・ネットを全員が持てるだけ持って、落とし穴が得意なやつに渡して設置させていけばかなり効率が良いって今回解った。戦闘力が低いチームは色々試さないとダメだ(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。