上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.09 サヨナラ相棒
仕事を始めて少しした頃、自分専用のパソコンが無いとダメだと感じた時期があった。一応、書く仕事だからね。それで、当時のなけなしの原稿料でノートパソコンを買ったのだ。それからずっと、そのパソコンで仕事をしてきた。酷い時には15時間ぶっ続けでキーを打ちまくってみたり、仕事が重なった時にウィンドウを幾つも開いて作業をしてフリーズしたのを怒鳴りつけてみたり。結構酷いユーザーだったけど、私のノート君は黙って頑張ってくれた。
そいつが明け方、唐突に力尽きた。
正直、血の気が引いた。
「ちょっとまった!まだお前から聞きだしておきたい事が!!」みたいな。バックアップを取っていないデータとか、過去の原稿なんかがハードに入ったままで。「いや、お前、もうちょっと頑張ってくれよ」って気持ちも有るんだけど、でも一呼吸してから動かないマシンを見ていたら妙に冷静な部分があって。
そっか、お前もう限界か~って。無茶させたもんな~って。
とりあえず、電源抜いて、閉じてみた。
もうちょっとしたらまた動くかどうか試してみようかって思うんだけど、頑張ったなって気持ちと、お前はこんな風に唐突に区切りが付いちゃって良いなって気持ちと、そういうのがない交ぜになって変な気分だ。
でもまあ、とりあえず、サヨナラ相棒。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。