上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫がこっちを見つめながら目を細め、眠気を堪えるような顔をしてゆっくりした瞬きみたいな事をするのは、甘えているサインなんだと本で読んだ。
えええ?!そうなの?!眠いのか、(怒られてる時によくやるから)怖い気持ちを落ち着かせているのかと思っていたんだけど!(爆)
もし、あの目を細めた中途半端な瞬きが「甘えてる」んだとしたら、私に説教されながらやっているあれは「僕イイコにするからもう許してぇん♪」と甘えていたって事になる…反省するよりも媚びていたのか(笑)

さて、天鈴君はこの甘えサインを頻繁に私にやっているのだが、私が居る時には基本的に他の人に向けてこの顔はしない。でも天鈴君としては私の両親にも「大好きにゃ」とこのサインを送りたいらしい。
しかし、猫のくせに気遣いが出来る天鈴君は「由良ママの前で他の人にこれは出来ないにゃ」と思っているのか、私が居る場所では両親のこのサインを送らない。だから私が席を外した時が最高のチャンスなのだ。
「今だにゃ!」とばかりに両親にサインを送るそうだが、少しでも私が近づく気配がすると「は!ママ来たのかにゃ?!」と目を大きく見開いて気配を伺うんだとか。
ten030.jpg

ママに見られたらやばいのニャ!

…そんなに私は怖いのか?(笑)
両親曰く「由良以外の人にやっているって、由良には知られたくないって感じ」だとか。別に怒りゃしないのにねえ(多分。爆)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。