上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.31 甘えん坊猫
暴れん坊猫だったら大変だったかもしれないけど、家の天鈴君は甘えん坊猫だ。
二年前に出会った時から甘えん坊だと思っていたけれど、この頃は日増しに甘えん坊になっていく気がする。
もしかしたら、最初の頃は「また捨てられちゃうかもしれないから、あんまり人間に甘えないでおこう…そうしたら、傷つかないで済むにゃ」なんて思っていたのかもしれない。天鈴の心の隅に、人間不信の傷があって、これ以上その傷を広げないために自分を抑えていたのかもしれない。
確かに最初は「天鈴が可哀想だから家においてやろう」って雰囲気が家族内にあった。天鈴は何処かで居候猫みたいな扱いだった気もする。
だけど今じゃ家族全員が天鈴ダイスキー!になってしまったし、天鈴は家族の一員だ。絶対に、手放しはしない。
そういう雰囲気が天鈴にも伝わっているのかもしれない。
天鈴がどんどん甘えん坊になっている(笑)。この頃、私にスリスリしてくるなあと思ったら突然膝の上に倒れこんできて「にゃぁああん」なんて蕩けそうな声を出したり、布団に入ってきて添い寝をしたりしている。
猫ってこんなに甘えん坊なんだなあと思うと可愛くて困っちゃうくらいだ。「おいで」と呼ぶと尻尾をピンと立てて小走りに駆け寄ってくるのも愛おしい。もっともっと、甘えん坊猫になって欲しい。だって、可愛いんだもん(笑)
スポンサーサイト
モンスターハンターポータブル PSP the Best モンスターハンターポータブル PSP the Best
Sony PSP (2006/08/03)
カプコン
この商品の詳細を見る


PSPのモンハンポータブルはプレイ期間の間が空くと本当に笑っちゃうくらいヘタクソになってしまう(私だけ?)。週に2回くらいは討伐系クエストをこなさないと、痛い目にあってしまうのだ。ゲームとはいえ、一流ハンターへの道は厳しい。
へっぽこハンター同士、陽炎と助け合って進めてはいるものの、やっぱりまだまだヘタクソなのだ。
今日は腕慣らしにクックさんに挑んでみたのだが…何か変。
いつもなら避けられる攻撃が避けられないし、ランポスの攻撃まで食らう始末(汗)
どうも、風邪が完治していなくて集中力が無いみたい。
本職のハンターだったら「この程度の風邪で使えんなら生きていけんわい!」とぶっ飛ばされてるところだよ(誰に?)。
へっぽこハンターは風邪にも弱かった(涙)

…精進してぶっ倒すまで待っててね、クックさん(リオにも挑めよ!)
2007.10.29 食後の楽しみ
天鈴くんは我が家の子になる前に、結構人間に近い食事をしていた気配がある。しょっぱい物を食べたがるし、おでんの具なんかも大好きだ。
でも猫に味付けしてある人間の食べ物は厳禁。
だから毎日「ちゃんとカリカリを食べようね」と言い聞かせている。
天鈴くんは「それでも少しは分けてくれないのかニャ?」と一応は食卓の私の横に陣取ってみるのが可愛いやら気の毒やら。
結局諦めて「解ったニャ~」とカリカリを食べる。
そして綺麗にカリカリを食べた時は必ず「褒めて!」と主張するのがまた可愛い。自分が頑張っているんだって事、自覚が有れば褒めて欲しいのは人間も猫も一緒なんだ。
今日はカリカリを食べた後で廊下でじっと空になったお皿をチェックしてもらうのを待っていた。私が褒めると目を細めて尻尾を揺ら揺らさせていたから、抱っこして両親の所に連れて行って、家族全員で褒めた。
満足した天鈴はリビングのマッサージチェアに陣取った。
最近のお気に入りはこのマッサージチェアでくつろいで、更に昼寝をする事。


ten026.jpg

天鈴は偉い猫ニャ~


ten027.jpg

よしよし、とっても偉い猫だぞ!


ten028.jpg

心からそう思っているのかニャ?
思っているとも!


ten029.jpg

じゃあ、寝るニャ…

愛を確かめる猫って可愛い。
2007.10.28 眩しいのか?
昨夜から熱が出てちょっと辛い。
喉も腫れて喋ったり、何かを飲み込んだりすると辛いから風邪だと思う。
夜中に38度を突破した時は辛かった。思えば変調は土曜日から有った。土曜日の昼ごはんにカレーそうめんを作ったんだけど、茹でたそうめんが入った丼にカレーを注ぐ時に、何故か丼の縁にある自分の親指に思いっきりカレーを掛けていたんだよね…あの時から具合が悪かったみたいだ(笑)
今日は安静にしていようと和室でのんびりとしていた。のんびりと言っても何もしないで居るのも苦痛だから、ちょこちょこと裁縫をしていたんだけど、ふと「天鈴が静かだなあ」と思って振り返ったら…


ten025.jpg

こんな事になっていました。
えええええええええええええええええええええ~!

昨日、届いた頂き物のお菓子の包装紙が、綺麗だったので置いてあったんだけど、何故かそれを被っている天鈴。
何故?日除けのためなの?
でも角度を変えてみたら包装紙の下にある天鈴の顔にはばっちり日が当たっていた。意味無いじゃん。
もしかして、元気のない私を励まそうとしてくれてる?

…そんなわけ無いか。
でも猫の思惑はどうあれ、私はメチャクチャ和んだのだった♪
今日は夕方からお客さんが。
私は食事の支度で昼頃から煮物をしたり、揚げ物の下拵えをしたりで天鈴にあまり構ってやれなかった。
だんだん…確実に天鈴の顔がヤバイ事に(笑)
天鈴の「僕は不満だニャ!」と言う顔は結構判り易い。
一度写真に撮っておきたいんだけど、ただでさえ機嫌が悪い時にカメラなんか向けたら本当に怒ってしまうから無理だ。
やがて18時頃にお客さんがやってくると天鈴の不満はピークに。
一番の原因はお客さん用に本マグロのお刺身が出て来た事(笑)
天鈴には本マグロの中落を出してやったんだけど、明らかに「あっちの方がいいもん食ってるニャ!」と怒っていた(笑)
違いが判る猫ってのも不幸だね(涙)

お客さんが帰ってから、天鈴は暫く私に張り付いて「それでもお客さんにイタズラしなかった天鈴は偉い子でしょ?」と訴えていた。
確かに、今日はお客さんの荷物にパンチ入れなかったね(爆)
それにしても、写真に撮れないのが残念なくらい、天鈴の「おもしろくニャイ!」顔は可愛い♪
2007.10.26 猫鍋
母が言う「猫鍋って結構簡単に出来るみたい。天ちゃんがやったら可愛いと思うんだけどどう?」

どうって言われましても(笑)
しかも母は天鈴のために土鍋を新たに購入しそうな気配。辞めなさいって止めておいた。
何で今更そんな流行に乗りたがるかな~(笑)確かに猫鍋は可愛いけど、あれって子猫がワラワラ居る状態じゃないと可愛さ半減じゃないかな?どうせなら「特盛り」にしてみたいじゃない?
天鈴が入っても…「普通盛り」だもんな~。
と、実は私も興味はあるのだった(爆)
今、横で自分の戸籍謄本を眺めていた母が唐突に言った。
「やだ!あたしのおばあさんの名前、チャウだって!」

頭の中で例のモッフモフのチャウチャウ犬が大量に走り回っちまいました。どうしてくれるんだよ、ママン。
あまりに衝撃的で、だって自分のひいおばあちゃんが「チャウ」なんておちゃめな名前だなんてビックリだもん。
「え?!どんな字だよ!」
爆笑たいのを堪えながら母が手にした書類を覗き込んでみると…

「チヤウ」

本当に書いてあった。
…どうしたらいいわけ?(笑)
我慢しきれずに笑っていると、母が思い出したように言った。
「チャウじゃないわよ、確かオチョウさんって言われてたはずよ!」
チャウチャウ犬の次はオチョウ夫人が(笑)
久々にヒットだった。
しょうもない身内ネタですみません。
どっかのモンハン攻略サイトに「みんなのアイドル、クックさん」って書かれていて、それを見た当初はクックさんにボコボコにされていたので「嘘だよ」って思ったんだけど…今は納得(笑)
☆四つのクックさん捕獲にいそしんでいる私…たとえ上竜骨が出る可能性が低くても良いのです。だってクックさん怖くないから思う存分「オリャ~!」ってレノのまねをしながら突っ込んでいけるんだもん(爆)
でも今日も一人で突撃したら一度力尽きてしまった…。頑張れ、私。

そして最近の悩みは、クックさんが耳を畳んでゲッソリした顔で足を引きずり出すと「麻酔玉ぶつけなきゃ!」と思う天使な由良と、「あ~このまま止めさしてぇ!」と思う悪魔な由良が居る事…寝顔を見ていても斬り付けたくなるから重症(爆)
でも、クックさんだって容赦なくこっちを啄ばむんだからお互い様だよね?(笑)
2007.10.23 くしゅんっ!
最近お気に入りのマッサージチェアで寝ていた天鈴が「くしゅんっ!」とくしゃみをしたので、大き目のバスタオルで包んでやった。

ten023.jpg

タオルに埋もれちゃって、何だかとっても可愛い。
人の情けが身に沁みたのか、天鈴はそのまま目を閉じて「うにゃん」と言ってからまた眠っちゃった(笑)
気持ち良さそうに寝ているのを見ると、良い夢を見ているのかもしれない。そうだといいなあ。眠る前にタオルの位置を直している私の手に何度もスリスリしたのがまた可愛くて。猫の温もりってこんな時に更に強く感じるなあ。



ten024.jpg

急に寒くなったけど、風邪を引かないように気をつけて、元気に過ごそうね、天鈴。
天鈴は私の友人の陽炎の事を割と慕っている風だ。
実際世話になっているし、天鈴を保護する時にも一緒に獣医に行ってくれたり、猫グッズを揃えてくれたりしたのだから、陽炎は天鈴にとっては恩人のはず…。
ところが天鈴は「恩人だけどライバルにゃ!」と言う態度を崩さない(笑)困った時には頼るくせに普段はかなりのツンデレ振りを発揮しているのだ。
土曜日から家に滞在している陽炎に微妙な距離をとって牽制している。笑っちゃうのが陽炎がいる私の部屋には「にゃ~ん」と言いながらやってくるくせに、自主的には敷居を跨がないのだ(笑)
「入って欲しいなら抱っこして連れて行ってよ」と言う感じ。
ところが、陽炎が帰宅した途端、天鈴は駆け足で私の部屋に飛び込み、陽炎が寝ていた布団に飛び乗った(笑)
そしてそこでのびのびと全身を伸ばして寝始めたのだ。
「僕だってここで寝るもん!むしろここは天鈴の布団にゃ!」と目で訴えてくる。

お前は何をそんなにムキになっているんだ?と私は笑っちゃうのだが、天鈴には絶対に譲れないし主張せずには居られない事らしい。
そういうこだわりが、とっても可愛くて私は大好きだ(笑)
ゲーム好きの友人陽炎がPSPを持ってやってきた(つか、泊まりこみで)。
早速二人でモンハンを始める。
目当ては「上竜骨」のみ。まずはこれが手に入らない事には、武器強化が行き詰っちゃうんだもん(涙)
でもこの上竜骨ってのが出ないんだなあ…。
二人で集会クエスト☆4個の「イャンクック捕獲」に挑む。
リオレウスは怖くて突っ込めないけど、クックさんなら大丈夫(爆)たとえハードクラスでもクックさんはクックさん。
陽炎の方がヘイトが高くてモンスターたちに狙い撃ちされるから、その隙に私はせっせと落とし穴を設置し、落とし穴が無くてもクックさんに「オリャ~!」(←レノっぽくお願いします)と突撃!(笑)
たとえ尻尾で吹っ飛ばされても、ジタバタするクックさんに蹴りを入れられても全然へっちゃらだい!(笑。本当に私はリオアレルギーだ…)
直ぐにコツも掴んで、10分足らずでクックさんをボコボコに出来るようになった私と陽炎は調子に乗って何度もクックさんを捕獲し、売り飛ばすという鬼畜振りを発揮したのだが…目当ての上竜骨はとうとう出なかった。
クックさんばっかりボコボコにした罰なのか?!(涙)

へっぽこハンター組合の道程は険しい。
クライシスコア-ファイナルファンタジーVII-アルティマニア クライシスコア-ファイナルファンタジーVII-アルティマニア
スタジオベントスタッフ (2007/10/18)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


特に攻略本の必要性を感じているわけじゃないのに、表紙に釣られて衝動買い。このイラストは反則だよ(いや、これが本当の販促なのか?)。
ザックスを囲んでアンジールとクラ子が居たらそりゃ買うしかないよ(涙)よりによって昨日の雨の日に買っちゃったんで、濡れないように気を遣うし、重たいし…でも幸せ(笑)
で、今日になって漸く開封した(爆)

以下、ネタバレなのでアルティマニア未読、ゲームクリア前等の方はお気をつけ下さい。
... 続きを読む
友人宅でPS2のゲーム、モンハン2をドスドスやってみた。
リオレウスアレルギーの私は他の飛龍なら(勝てないけど)怖くないという不思議な状態だ。今日はネタでジャングルの1匹狼・イャンガルルガさんに挑戦してみた。
ガルルガさんはクックさんの遠縁らしいけど、クックさんと比べると面構えも怖いし体もカッチカチで当たり所によっては火花とともに跳ね返されてしまう(笑)
ブレスも強力だし、毒攻撃だの音波攻撃だのを持っていてとても厄介。
でも怖くないから突撃(笑)逃げ惑うケルビの群れを掻き分けてガルルガさんに突進!

あっと言う間に戦闘終了(笑)

ガルルガさんに勝てる日は遠い。
そもそもあの強さで難易度★★なんだもんなあ…私、モンハンの才能皆無だね(涙)
クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版) クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版)
Sony PSP (2007/09/13)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


今日、偶然FFⅦクライシスコア発売関連のポーション缶のCMを見た。
コンビニ入り口に立てかけられたバスターソード。
顔だけ見えない演出…飲んでるのは誰?ザックス?アンジール?それともクラ子?!(鼻息荒くなったよマジで)。個人的にはアンジール希望だけど、アンジールは貧乏性だからコンビニじゃ買わないかな(爆。つか、順当にザックスだろ!)
更に告知パートで「片翼の天使」が流れて最後が「ちゃちゃら~…セフィロスッ♪」だったのはどういう事よ。ここでセフィロスか~。さすが、テーマソングのある敵キャラ(笑)。星を滅ぼそうとしちゃうだけにCMまで侵食しちゃってからに。そんな所が大好きだ(もうこの際、マザコンな事も許すっ)。
と言う訳で、久々にヲタ魂が燃え上がってしまった。たった15秒なのに恐ろしいばかりの可燃性物質だ(笑)
2007.10.17 言い訳
ダイニングテーブルで天鈴が息を殺して何かをしている気配がしたから覗いてみると、椅子に座って目一杯首を伸ばしてテーブルの上を見ていた。
別に天鈴が食べるような物は置いてなかったから、私はおかしくなってしまって、笑いながら天鈴に声をかけた。すると天鈴は物凄く罰の悪い顔で私を見る。

私「な~んにもないべ?」
天鈴「ん~~ん~~~にゃ」
私「怒ってないよ。何にもないんだし」
天鈴「ん~~~ん。にゃ~にゃう~」
私「言い訳しなくていもいいよ。怒ってないし」
天鈴「ん~~~にゃあ~にゃあ~~」
私「何にもなかったべ?覗いただけだから良いんだよ」
天鈴「にゃああああああ~~~ん」

ドッキリしすぎてひたすら言い訳をする天鈴が可愛いったらありゃしない(笑)全然会話が噛み合ってないのが面白くて。この後天鈴はハッ!と私が怒っていない事に気付いて、ゴロゴロ喉を鳴らして甘えていた(笑)

でもちょっと不安な天鈴…

ten021.jpg

ママとお母さんとお父さんのブルブルするベルト、天鈴がもっと効く様におまじないしとくからさっきのイタズラは帳消しにして欲しいニャ。

だから~怒ってないっての。


ten022.jpg

そんな事を言ってもママは結構うるさいからニャ…油断できないのニャ…後から怒られたら嫌だニャア…ブツブツ…

そこまで気にするなら悪い事はしない方がいいよ、天鈴くん(笑)
ま、私は大いに楽しんでいるんだけどね。
ten020.jpg

寒い時はお布団でぬくぬくが一番ニャ~


天鈴は布団の上で寝るのは好きだったけど、何かをかけられるのは苦手。でも私の部屋で遊んでいる時には大概布団を掛けて寝ていた。後は家族の脱ぎたての服なら割と大人しく被って寝ていた。
最近、掛け布団をかけられても↑の様に熟睡している。
非常事態に備えて警戒しなくて良くなったからなのかな?(笑)
丸まりもせず、四肢を投げ出して布団を掛けて寝ている姿がかなり可愛い。それにしても天鈴くん、頭の形が綺麗だね(頭の形が悪い猫ってのも見た事が無いけどさ)。
秋になって天鈴くんの食欲が増しているようだ。
猫缶もカリカリも良く食べる。
近所の人達には「天ちゃん、少し太ったわね。もう絶対に捨てられないって安心したのね」と言われた。
そういえば以前、「僕はこの家の子で、ご飯もちゃんと貰えて生活の心配は要らないんだ!」と思うと猫は太りだすと聞いた事がある。保護された猫は、絶対に捨てられないととことん納得するまで、いつでも自活できるように狩をしやすい体を維持するんだとか。一生ここでのんびり過ごせるんだと思うと、まさしく「幸せ太り」をするらしい。
天鈴くん、二周年を迎えてやっと完全に納得したのかなあ。だとしたら随分かかっちゃったね。でも、安心感を持ってくれたのならそれだけで私は感謝だな。

ten019.jpg

安心しすぎているような気もする…この状態で家族に跨がれても起きる気配なし…危機管理が出来てないのはまずいような(笑)


ten018.jpg

何かあったらママが守ってくれたら良いのニャ~

それもそうだねえ(笑)
2007.10.14 鳴き声
天鈴くんの鳴き声は「盛ってますか?」って良く言われるくらい野太い声だ。喉を全開にして鳴いている感じで、遠吠えか?!ってくらい良く通ってうるさい(笑)
猫なんて皆そんな声なんだろうと思っていたけど、友人の猫やテレビに出てくる猫は大体「みゃあ~ん」と高くて可愛らしい声だ。でも天鈴くんは違う。
「ノゥオ~~~~ォ!」
本当にこういう鳴き方なんだ(笑)
でもこの頃、明らかに甘ったれているなって時にはそれなりに可愛い声が出るようになってきた。「にゃあん」と言えるのだ。
「天鈴くん、随分可愛い声だね。どうしちゃったの?」と訊いてみると「そうかにゃあ?」と考え込むように首を傾げるのが可愛い(笑)
猫って気持ちが安定してくると幼児返りしちゃうのかな?
2007.10.13 べったり
ten017.jpg

今日はずっとついて回るにゃ~

今日は起床してからずっと天鈴が私の視界に居る(笑)
日中は部屋に付いてきて机の上を好き勝手に使って昼寝をし、目が覚めると一緒にリビングに行ってオヤツを食べ、私が家事をしているとそれを観ながら「ミャア~」と可愛い声で構ってくれと催促をし、食事の時には私の隣に陣取り、食後は和室で私の足首を枕に熟睡。
久々に、猫とべったり一日を過ごしてしまった(笑)

そんなに私が好き?
私は物凄く天鈴が好きなんだけど(笑)
2007.10.12 帰宅
イベントが終わり、帰宅。
天鈴に逢いたくて、少し早めに帰宅したのだが…ママの帰宅は終バスと思い込んでいる天鈴は、私が玄関を開ける音にリビングから飛び出したらしいが、「ただいま」と声をかけるとキョットーンとしていた。
猫が驚いて口を開けるの、久々に見たね。漫画か?(笑)
天鈴はいつものように終バスの時間に玄関に座り込んで「遅かったニャ!この野郎~」と眼光鋭い猫になっている計画を立てていたんじゃないかと思う。それが不意打ちで戻ってこられたもんだから心の準備が出来ていなかった(笑)
明らかに混乱しちゃってんの。嬉しいんだけど、怒った顔もしたいしでもうっかり無防備な驚いた顔を見せちゃったし…僕はどうしたら良いニャ?!みたいな(笑)
素直に喜べっての。
その後、猫にもプライドがあるわけだから、気を取り直して「僕怒ってるんだ!ママになんか捕まんないよ!」と尻尾を立てて走り回る天鈴を、私も一応「天ちゃん!逢いたかったの~愛してるの~」と言いながら追い掛け回してみた(馬鹿)

で、気が済んだ天鈴は今度は食卓に着いた私の横にべったり張り付き、じっと顔を見ている。その天鈴の顔が可愛かったから、私も見つめ返したら、急に天鈴が興奮していきなりガブッ!と唇に噛み付かれてしまった(笑)やった瞬間、天鈴は我に帰ったのかビックリして身を引き、やられた私も驚いて仰け反り、そのまま二人で見詰め合った。変な子(笑)
食後、天鈴はやっぱり私にまとわりついて、シャツの中に入って動かなくなった。変な子だなあ(笑)


ten015.jpg

ママの匂いが沢山するニャ

猫ってどうしてこんなに甘ったれなんだろう?(笑)
2007.10.11 初お台場
一応、都民なんだけど(それとも都民だから?)お台場に来た事がなかった。電車で通り過ぎる事は何度もあったんだけど。
今回はイベント参加のためにお台場のホテルグランパシフィックメリディアンに滞在するので、おのぼりさん丸出しでレインボーブリッジとフジテレビ社屋を撮ってみた(笑)

ioft3.jpg

これを封鎖するのはそりゃ大変だよねえ(笑)


ioft1.jpg

無駄の多い作りのような気もするけど、誰が見てもフジテレビって解るのが良いのかも?


で、母からの報告によると、天鈴は日中は割と普通にしているものの、夜になると「何でママが帰ってこないのかニャ~~~!」と夜泣きをしているらしい…あああ、ごめんよぅ(涙)
某イベントに参加するため、今日から三日間自宅には戻らない。
一番の心配は、天鈴くんに出かける事を説明しないまま家を出てきてしまった事(爆。だって、説明しようと思ったら熟睡してんだもん)

イベントは非常に勉強になる内容で、色々考えさせられるものだった。
たまには外に出て見聞を広げないといけませんなっ!


ten016.jpg

何でもいいから早く帰ってきて欲しいニャア
2007.10.09 丸見えだよ?
ten013.jpg

部屋にやってきた天鈴が珍しく窓枠に乗って寝始めた。
部屋の中から見るとカーテンできれいに隠れているんだけど、外から見れば全身丸見え…良いのかな、それで(笑)
曇り空だし猫にとっては程良い紫外線量なのかなあ。
とりあえず本人が気持ち良さそうだから放っておこう(笑)



ten014.jpg

気持ち良いニャ~
猫だって出来るんだ!
何がって…マテお座り(笑)

食事を作っていたら天鈴が「僕のご飯も!」と催促をするから、私が普段座っているテーブルベンチをさして「そこで待ってて」と言ってみた。
天鈴はちゃんとお座りして良い子で待っていた。
何て可愛いんだ~!(笑)

でも、食事作るのに忙しくて証拠写真を押さえられなかったのは不覚だ(涙)
相変わらず大河ドラマ「風林火山」のガクト謙信様が美しくて困ります。何かもう、眩しいし(笑。あ、まだ景虎様か)。
長尾家の評定を観ていると「美しい姫様に心酔してしまった家臣団」みたいに見えて楽しい(笑)
ガッちゃんが謙信役と発表された時に、世間の風当たりは凄いだろうなあなんて思っていたけれど、某所のニュースでは今じゃすっかり「ガクト謙信支持派」が増えたそうで(笑)視聴率まで上がるもんだから急遽、登場シーンを増やしたっていうから驚き。
でもまあ…あの美しさならそれもアリかな。結構、良い味出しているし。
やっぱ「美形に生まれたら勝ち」って事?(笑)
美形大好きな私としては、最近あの演技に慣れてきたから「もうこのまま行っちゃってください!」って気持ち。ただ時々、ガクト謙信様がクライシスコアのジェネシス様に見えて困るくらいで(爆)
先週の爺コン信繁もかなり可愛かったし(あの涙と下唇プルプルは反則でしょ!)、信綱と御館様の関係も疑わしいし…今年の大河は凄く萌え要素があるよ(笑)
後は…もう一度、信虎様の「よい~まことによ~い~」が聞けたら最高ですな!!(腐)
帰宅して一夜が明けた。
天鈴くんは「僕、頑張ったんだから良いんだニャ!」と言わんばかりの強気な顔で、両親の布団の上に陣取って昼寝をしている(笑)
伸びきった四肢、だらしなく緩んだ口元、時折漏れるいびき(爆)
一晩掛けてじっくりと「僕はお家に戻ってきたニャ」と実感したのか?…どんだけ噛み締めたんだろうね、その幸せを(笑)
田舎に居る間、常に湿っぽくて熱かった肉球もすっかり乾いてほのかな温かみに戻っていた。良い傾向だ。帰宅後のトイレもスムーズだし、帰省中にあまり食べられなかった分、しっかり食べているし。
そして、そんな天鈴を見て私も漸く安堵したのだった。

…あれ?一番緊張していたのって私か?!(爆)
天鈴くん、試練の帰省…。
夜泣きしてしまうかなあと思っていたら、いつもと違う子猫のような声でこっそり私を起こしてくれた。「ミャア」…そんな声も出るんだ、とちょっとびっくり。普段の天鈴くんは「盛ってるんですか?」と訊かれるくらい野太い声で「ノゥオ~」と鳴くんだけどな。
猫の繊細さを改めて実感した。
天鈴は5時に一度私を起こし、トイレと夜食を済ませてまた一緒に寝室に行った。目が覚めた事でまた少し不安になってしまったらしいので、少しお尻をポンポンと叩いてやって、天鈴の体から緊張が抜けた頃に尻尾を軽くきゅっと握って、そのまま二人で眠ってしまった。

今回の帰省中、天鈴は殆ど私に抱っこされて過ごし、それを見た親族達は「何て大人しい猫なんだ」と驚いていた。確かに、お人形みたいに大人しく抱っこされていたからね(笑)。
そして再び車に乗る事になると…天鈴はやっぱり緊張してしまって、高速道路では般若顔に変身(汗)怖いんだろうなあ…。
猫を長時間車移動させる時には一服盛って眠らせるなんて話も聞くけど…そうしてあげた方が良いのかな。でもこんな事、もうしないけど。
帰宅した天鈴はとっても嬉しそうだった。「僕、お家が好きだニャ~」と全身で喜んでいるのが解って、何だか私もホッとしたり、嬉しかったり。
天鈴にとってはお家が一番なんだなあと思った。天鈴は家の子なんだなって思って妙に嬉しいのだ(笑)ま、天鈴はそれどころじゃないんだろうけど。
2007.10.04 帰省中
両親と一緒に田舎に帰省した。
どうしても一泊しなきゃいけなくて、色々考えた末に天鈴も連れて行く事にした。今回、一番気を遣ったのが天鈴の事で、何と天鈴の付き人として友人の陽炎に同行してもらった(笑。猫に付き人って…いや、家の猫はただの猫だけどね)。
天鈴は結構繊細だし、以前検査入院で突発性膀胱炎を発症した事がある。その時、獣医さんに「あ~由良さんから一晩引き離したのが失敗だった」と言われてしまったのだ。
基本的にペット優先の私は、ハムスターを飼っていた頃から動物優先で、盆暮れ正月も帰省せずに家で動物達と過ごしていた。だから天鈴にとっては私の田舎は未知の世界。
車で片道二時間の移動も辛いだろうし、慣れない家での一泊も不安だろうし…しかも私は帰省したら食事を作ったり、挨拶回りもしなきゃいけない。天鈴にべったり着いているわけにもいかず…陽炎にお願いしたと言う訳。
だって、何かの拍子に天鈴がパニックを起こして脱走しちゃったら取り返しがつかないからね(汗)
案の定、行きの車の中で緊張してしまった天鈴は般若みたいな顔になってしまい、到着後も暫くはハアハア言っていた。
陽炎と私が二人がかりでご機嫌とりをして褒めまくるとやっと落ち着いて眠れたみたい。可哀想な事をしたけど、到着後10分ほどでトイレに行ってくれたから安心した(天鈴は一人で留守番をさせると、家族が帰宅するまでトイレを我慢してしまうのだ)。
本当は移動させずに自宅でのんびりさせるだけが一番なんだろうけどね…。

ten012.jpg

疲れたニャ…
2007.10.03
部屋の片づけをして、思い切ってあれこれ捨ててみたけど何も変わらなかった。
唯一の収穫は…旅先で買って、現地で落としてきたんだとばかり思っていた耳かきを発掘できた事。
何で企画書の束の中に挟まっていたのか誰か教えて欲しい(笑)
天鈴くんはそんなに愛想の良いではない。
従って、家族でもお客さんでも基本的に「おかえり~!」とか「いらっしゃいませ~♪」とか、そういう友好的で愛らしいお出迎えはしない。
むしろ柱や壁に半分隠れてジーッと見ている事が多い(笑)台詞をつけるとしたら「何だよ、何しにきたんだよ」が妥当じゃないかと…だめだ、この(笑)
そんな天鈴くんが近頃、私の帰宅を出迎えるようになった。
でもやっぱり「待ってたよ~ママ~♪」と言う雰囲気は微塵もなく…。

待ってたんだけど(不貞腐れ真っ最中)

と言う顔が多い。
それでも出迎え率上昇を喜ぶべきなのか…(笑)
何か、複雑な気持ちになるのは何故だろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。