上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.19 やっぱりね
今日も平泉を散策。
天気はぐずついていて時折雨。少し肌寒いけど、空気が澄んでいて良い気分だ。
厳美渓までバスで移動して、サハラガラスパークで少し時間を潰して、くりこまタクシーで達谷窟西光寺へ向かった。達谷は壁面に刻まれた巨大な大仏と岸壁に食い込むように建てられた毘沙門堂がある。坂上田村麻呂公創建という古刹だ。
ゆっくりお参りをして楽しんでいたのだが、母から「今、風呂上り」と言うタイトルのメールが来た。時間的に、母が風呂上りと言うのは不自然。
「はは~ん、遂にやったな」
私にはちょっとした予感があったのだ。
そろそろ天鈴が脱走するぞ、と言う悪い予感が(苦笑)。
去年の平泉旅行中、天鈴は毎日私の部屋をガサ入れして「どこに行ったんだニャ~!」と泣き叫び、脱走しては近所中を歩き回っていた。そして私は丁度天鈴が脱走する時間(毎日朝方だった)にハッと目を覚ましていた。そして旅行中「天鈴が心配」ばかりを繰り返し、連日、同行している陽炎から「お前もう家に帰れ!」と叱られていたのだ(笑)
今回は出かける前に天鈴に良く言い聞かせたし、天鈴の脱走経路になる窓に「天鈴脱走注意」と張り紙もしてきた。いずれも効果があって、私も心配せずに過ごしてきたんだけど…。
遂に、脱走(笑)そして30分で帰宅し、母に捕まってお風呂に入れられたという訳だ。30分程度の脱走ならお風呂は勘弁してやっても良さそうな気もするけど、近所はガーデニングが盛んで殺虫剤や化学肥料も沢山散布されている。それらが天鈴の体に付着しているかもしれないから、やはり脱走したら洗った方が良い。母も最近は承知しているらしく、今回も速やかに洗ってくれたのだ。
天鈴がお風呂に大人しく入る猫で良かった。

天鈴脱走のメールに暫く笑った後、達谷を後にして毛越寺に向かった。
毛越寺の境内は季節ごとに花が溢れる。今回は躑躅が見事だった。

VFSH0399.jpg

私は真っ白な躑躅が好きなんだけど、この色はとても綺麗だと思った。霧雨に濡れて透ける様な、少しガラス細工っぽい質感になっているのが素敵だった。

VFSH0398.jpg

う~ん、綺麗だ。花も小ぶりでシンプルな形でとても可愛らしい。
家の庭にもこんな躑躅があれば良いのにな。

毛越寺の庭園を堪能して、馴染みの酒屋さんで地酒の手配をしてホテルに戻った。昨日、豪勢な食事をしたので、今日は質素にコンビニで夕食を調達。ホテルでお茶を沸かして飲みながら、コンビニ弁当で食事…この安上がりな感じが、何となく好きだ(笑)
明日は最終日。天鈴が脱走しないことを祈りながら眠った(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。