上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.25 余裕の表れ
家の猫になって暫くの間、天鈴はいつも私の友人達にライバル心剥き出しだった。友人がやってくると部屋まで着いてきてじっと見張っていたり、会話が弾むと割って入って「ニャー!」と叫んだりしていた。
特に良く遊びに来る陽炎には火花を散らしていて、彼女の荷物に猫パンチを叩き込んだり、彼女の上着をしつこく踏んで歩いたり、やりたい放題。決して陽炎が嫌いなわけじゃなく、喉をなでられると蕩けそうな顔をしているので私も陽炎も思わず笑ってしまうのだが。
それが今日、泊まりに来た陽炎を見ても天鈴は少しも怒らず、陽炎が寝るための布団の上にごろりと横になってうっとりしている。



VFSH0266.jpg

陽炎姉ちゃん、天鈴と握手するのニャ?
陽炎に手を触られてもうっとりしている。
どんな心境の変化が起きたの?(笑)



VFSH0263.jpg

もう天鈴は怒らないニャ…ネムネム…
今までなら陽炎が寝ようとする布団の上を占拠して「ここは僕の場所!!」と意地悪までしていたのに。



VFSH0261.jpg

…う?ママ、もしかして、ヤキモチ?天鈴がママ独占攻撃しないと妬いちゃうのかニャ?
ちょっと、妬いちゃうかも(笑)

今までの天鈴は余裕がなかったのかな?とちょっと思った。
放浪生活でいっぱい怖い思いをしたから、もしまた捨てられたらって思って必死だったのかも。捨てられないように私の愛情を常に独占して、自分以上に大事にされている存在を排除しないとって焦りがあったんじゃないかなあ。
でも、そんな心配は要らないんだって、この頃、解ってきたのかも。だからもう、私の友人に意地悪する必要がないんだね。
何となく、天鈴のこの顔を見て思った。きっと、良い傾向なんだね。



VFSH0258.jpg

それにしても…猫の寝顔って眠気を誘うなあ…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。