上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.26 蘭展
「どうして出かけちゃうの?ママもお母さんも、お家に居て欲しいのにニャア…」と玄関で項垂れている天鈴を残して、東京ドームの蘭展に行ってきた。
そんなに興味は無かったけれど、伯母が誘ってくれたので折角だから行ってみようと思ったのだ。
東京ドームに入った瞬間、予想以上に蘭の香りが充満していて驚いた。余りにも大量の蘭に圧倒されてしまう。
VFSH0191.jpg

大掛かりな飾り付けが多かった。総額幾らなんだろう?(爆)



VFSH0193.jpg

ぱっと見ただけでは「何が飾ってあるんだ?」と思ってしまう。



VFSH0196.jpg

遠目に和風な色彩に見えて綺麗だった。




VFSH0198.jpg

飾っておくにはこの蘭が結構好きだ。色の組み合わせが可愛い。




VFSH0203.jpg

妖精っぽくて可愛らしい。夜になったら茎から離れて歩き出すに違いない(笑)…怖いかな。
蘭は形がエグイ物が多い気がしてちょっと苦手だけど、この感じは好きだ。物によっては頭を花に食われた妖精の首から下がぶら下がっているみたいに見えるのがあって怖いんだもん…。




VFSH0206.jpg

可憐。黄色とピンクの組み合わせは難しいと思うけど、この花は綺麗だ。私には思いつかない配色。天然物には勝てない(笑)




VFSH0208.jpg

このぐらいの紫が好き。紫は色加減で上品にも下品にもなってしまう。艶やかで綺麗な色だと思ったので人波に揉まれながら必死に撮影した。




VFSH0212.jpg

「蘭風林火山」というタイトルのスペースにあった、蘭でできた篝火。一緒に展示されていた菊人形ならぬ蘭人形の勘助・信玄・謙信はちょっとどうかと思ったけど、この篝火のアイディアはちょっと面白いと思った。色の組み合わせと証明の使い方が上手。でもライトに巻きつけられた蘭は可哀想だな…熱かろうに(涙)


今日は写真だらけの日記。たまにはこんなのもありかと(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。