上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.20 帰宅
今日は平泉最終日。天気は晴天なり。
VFSH0397.jpg

一関駅前で中尊寺行きのバスを待ちながら撮影。
何となく、普段見ている東京よりも空が高い気がする。

中尊寺麓で馴染みのお土産屋兼食事処の衣関屋さんに向かう。ここのずんだ餅はもう絶品!仙台で食べるよりも美味しいのだ。毎日ずんだを手作りしているから美味しいんだってお店のお姉さんが言っていた。
衣関屋さんとのお付き合いももう8年くらいになるかな。「お帰り」と迎えてくれる温かいお店で、私の大好きな人達がいる場所♪
その衣関屋さんに向かう途中、新しく出来た木彫工房で看板犬のキボリと出会う。か、可愛いじゃないかっ!!
VFSH0396.jpg

今日は良い天気だね~。ちょっと遊んで行ってほしいなあ~。

「遊んでくれるの?」手を差し出して匂いチェックをしてもらうと、キボリが舐めてくれた。可愛かったから頭をナデナデしてみた。
キボリとひとしきり遊んで、折角看板犬が接待してくれたんだから素通りはやめようと工房にお邪魔してみた。
可愛らしい木彫の花器や動物達が並んでいる。特に可愛かったのが梟!もうあまりの愛らしさに眼がくぎ付け♪
特に小ぶりの一羽に眼が留まったので、お持ち帰りする事にした。
VFSH0414.jpg

掌にすっぽり入るサイズ。全部木で出来ているのがまた可愛らしい♪
良い買い物をしたなあ…(^-^)

VFSH0395.jpg

あれ、もう帰るの?また来てね~。

有難うね、キボリ。君のおかげで素敵な子を連れて帰る事が出来るよ♪

キボリと別れて衣関屋さんに向かう。お目当てのずんだ餅とじゅうねん餅で腹拵えをして中尊寺に向かう。
一昨日はタクシーで中腹まで行っちゃったから、今日は一歩一歩、月見坂を登る。結構きつい坂だけど、天候も良かったし新緑の匂いが気持ちよくて楽しく登れた。

VFSH0403.jpg

中尊寺本堂。また、来られますように。

今日はゆっくり金色堂や白山神社に参拝し、お世話になっている方々にご挨拶をして下山した。楽しかったな~。もっともっとゆっくりしていたいんだけど、帰りの新幹線があるからなあ…。
下山して、衣関屋さんでお土産を買った。衣関屋さんの社長さんや奥さんにもちゃんとご挨拶が出来てよかった。
それから、平泉駅前に行って、菓子処でシュークリームとお菓子を買って一関に戻った。平泉駅前の菓子処は素朴でさっぱりした味のケーキやお菓子が揃っていてお勧め。手作りだから数が商品は沢山ないけど、一度行って見る価値がある。ただ、ケーキ類も全部紙袋に入れてくれるから持ち歩きはちょっと気を使うけどね。

帰りの新幹線では一関で買った「うにごはん」弁当を食べた。
んま~い♪仙台・平泉の味を噛み締めながら東京へ戻るのだった。

毎回、帰ってくる度に困るんだけど…たった数日、東北で過ごすだけで、東京の臭さにビックリさせられるのだ。東京は空気が悪いって言うよりも臭い(汗)
でも、東京も私が暮らす街なんだよね。東京は東京で勿論大好きさ!
そんな訳で、今回も無事に帰宅。仙台と平泉を堪能した5日間の旅行だった。




で、帰宅したら、天鈴に無視された…orz
怒っているらしい。
そんな…別に…天鈴を捨てたわけじゃないのにぃ!!
猫って執念深くて嫌だわぁ(泣笑)
スポンサーサイト
今日は仙台から平泉へ移動日。目的地は中尊寺一箇所なんだけど、14時に約束があって、時間までに中尊寺本堂へ行かなくちゃいけない。
目が覚めて直ぐにホテルの窓から空を眺める。
窓の外は快晴。空には大きな雲が。

VFSH0404.jpg

雨雲って雰囲気ではなくて…何かが雲の中に潜んでいそうな感じがして面白かった。



VFSH0405.jpg

「ほら!あそこにラピュタが!」←嘘。

良い天気だね、なんて良いながらホテルで朝食を済ませ、荷造りを済ませて仙台駅に向かう。約束は14時だけど、念のため1時間半以上前に着くように10時40分の東北本線に乗る予定だった。
ところが、駅に着くと何だか様子が変。
駅員さんはみんなバタバタ走り回っているし、ホームで苛々しながら経っている人が多数居る。異変を感じた陽炎と顔を見合わせていると、駅舎を叩く強風に気がついた。
強風により全線運転見合わせ、運休、ダイヤ変更の嵐

…orz

14時からの約束は絶対に外せない大事な約束。
別に少々電車が遅れてもいいが、1時間半を越えてしまうと不味い。
陽炎と二人、一向に来ない電車を待ちながら溜息をついていると一時間遅れでどうにか電車が来た。
コレなら間に合うぞ~と思っていたら、一関まで行くはずの電車が途中の小牛田止まりに変更(涙)どうにか電車を乗り継いで一関に付いた時には何と13時40分。ギャー!(涙)
とにかく転げるようにして改札を出て、ロッカーに荷物を押し込んでタクシーに飛び乗る。
焦っている私達を見て運転手さんは不思議に思ったらしい。
「14時に中尊寺本堂に行かなきゃいけなくて!とにかくお願いします」と言うと、「ギリギリだな!ま、行ってみよう!」
…物凄い、速度オーバーだった。一般道を走っていい速度じゃないって。
でもそのおかげでギリギリ14時に中尊寺に到着。今回は特例として中腹の駐車場まで乗せて貰ったからね(普段は、参道入り口で降ろしてもらって、ちゃんと月見坂を登るのだ)。

中尊寺の中は新緑の頃で、若々しい木々の葉が陽光に透けて軟らかな光を落とす。吹き渡る風は優しく涼やかで、前日の雨に洗われた木々の清浄な香りを運んでいる。
力強く旺盛なむせ返るような生気ではなくて、確かな力を秘めたそれでいて軽やかな心地良い生気に満ち溢れていた。歩くだけでうっとりしてしまうほどの心地良さ!
これこそ、中尊寺だ。優しくて暖かで清浄で。
緑の息吹を全身に感じる事が出来た。

飛ばしまくった運転手さんのおかげで約束には5分遅れで間に合った。
その後は和尚さんと一緒に境内を歩き、1年ぶりに金色堂にお参りをして半日を過ごした。
夜は一関で美味しい三陸の幸を頂き、幻の焼酎まで頂いてしまった♪ご馳走になるって、良いよなあ(爆)
強風という思いがけないアクシデントに見舞われたけれど、今日も一日楽しい日だった。
2007.05.17 雨の鹽竈神社
昨日の晴天は何だったんだ?!と言うくらい大荒れの天気に。朝から雨だし気温は低いし…でもホテルの朝食がとっても美味しいから朝からご機嫌(←空腹時にさっと美味しい物を食べる事が出来ると機嫌が良くなるのだ。ええ、私は子供ですとも!)。
今日の目的地は大好きな鹽竈神社!この神社は本当に良い所だ。パワーをいっぱい貰って元気になれる。ゆっくり支度をして仙石線に乗って出発。
本塩釜駅に着くと雨脚が強くなっていたので、タクシーを使う事にした…これが悲劇の始まりになるとも知らずに…(笑)


VFSH0408.jpg

鹽竈神社に着くと、雨に洗われた空気は何処までも清涼で、境内は神気が満ちていた。ああ、何て凄い場所なんだろう。神の息吹と精霊の囁きが感じられそうなくらい。
パワースポット何て軽々しく言ってはいけない。神の前に平伏し日頃の自分の行いを反省する、そんな気分になった。
お参りを済ませ、神馬・金龍号に挨拶に行った。ここでは100円のお賽銭でニンジンを一皿、この神馬に捧げる事が出来る。ところが…100円玉が無い!!(汗)小銭入れをかき回して困っている私達を見て、金龍号は本当にブツブツと文句を言い始めた(滝汗)どうにか陽炎と100円分の小銭を集めて、賽銭箱に入れると、金龍号は優しい表情になってこちらに顔を向けてくれた。う~ん、さすが神馬様。良く解っていらっしゃる(笑)
満足されたのか神馬様は厩舎の中を優雅に歩かれ、美しい御姿を私達に披露してくださった。ありがたや~。
VFSH0407.jpg

境内にはこんなにも綺麗な白い藤の花も。日本画そのものみたいに、現実感が無いくらい綺麗だった。


ところがこの後、陽炎が携帯を紛失していた事が解った(汗)
本塩釜駅で携帯を持っていたと言う陽炎。駅のトイレに置いて来た気がするというので、慌てて下山する事にした。すると駐車場に客待ちのタクシーが一台止まっていた。塩釜神社で客待ちタクシーを見たのは初めてだ。しかも雨で客がいないこの日に。あ、こりゃ大丈夫だ。金龍号のご利益かもな~と私は思った。
しかし、本塩釜駅のトイレには陽炎の携帯はなかった。じゃあ、行きのタクシーじゃねえの?とロータリーを見回すと数十台のタクシーが(笑)青くなる陽炎をほっといてじっと見回すと見覚えのある運転手さんを発見。「あれ、乗ったやつ」おもむろに指差したタクシーに陽炎が駆け寄り…戻ってくる時には無くした携帯を手にしてた(笑)
何で乗ったタクシーが判ったかっていうと…最初に乗ったタクシーの運ちゃんが何故かスウェット姿、それも白地にダークグレーとレッドの派手なヤツで、髪型がロカビリーっぽかったのだ(笑)そんな特徴的な運転手さん、3分も乗車してりゃ憶えるよね~。そして私達が駅に引き返した時にその運転手さんが客待ちで駅にいたのもついていた。色んなミラクルが重なって携帯は無事に戻ってきた。

しかし、パニック状態だった陽炎はとても疲れたみたい。そのまま仙台に引き返した。

VFSH0411.jpg

途中、駅地下道で仙台の有名人「ワケルくん」に遭遇(笑)取り立ててあくが強いわけでもないのに気になるこのキャラクター。コンビのワケ猫にもかなり心惹かれてしまった♪ま、天鈴の方が男前だけどね(笑)

VFSH0406.jpg

お約束の牛タン定食。やはり仙台に来たら一度は食べたい!!

牛タン定食で遅めのランチを済ませ、大事な人達に牛タンを送って、後は駅ビルでパンやお菓子を買い込んでホテルに戻った(笑)
大好きな鹽竈神社に行って、美しい神馬様に貢物をして、それだけでホテルに戻るなんて、ある意味とても贅沢な一日になった。まあ、こんな風に無理をしない旅もたまには良いもんだ。
2007.05.16 仙台
今日から久々の仙台・平泉旅行。親友の陽炎と二人旅だ。
仙台に到着すると予想以上の晴天!仙台駅に降り立った私達が真っ先にした事は…調光レンズ・ミスティで空を眺める事だった!(笑)
駅前で空を見上げレンズを染める私達。もう紫外線を気にしなきゃいけないお年頃なのに(笑)気温は割と高いのに空気が綺麗だからなのかあっと言う間にレンズは深いロゼに。アシュラな私とデジャブⅢな陽炎はかな~り柄が悪い感じに仕上がった(笑)ま、楽しいから良いのさ。
レンズを染めて、証拠写真を眼鏡屋さんに送信(笑)東北の空はミスティを本当に綺麗に染めるって証拠写真って訳だ。
その後は、仙台市内をとにかく歩いた。気分が良かった事と、今回の旅は無理をしない事がコンセプトだったからね。頑張って寺社巡りをするでもなく、交通機関を乗り継いで博物館に行くでもなく。ただただ、仙台を歩いた。

仙台は良い所だ。私にとっては『雰囲気の良い新宿』って感じ。何でもあって、ウィンドウショッピングだけでも凄く楽しいけど、でも疲れない街。新宿は楽しいけど、帰宅する頃には何かがゴッソリ抜け落ちたなっていうくらいの疲労感に襲われちゃうんだよね。
その点、仙台は肉体的疲労は溜まっても精神的疲労は全くない。楽しい気分で馬鹿みたいにひたすら歩いた。幸せな気分だった。
東北は良い所だ。旅行初日は上場のスタートになった。

そうそう、夕飯は散々歩いてから再び駅に戻って、駅弁を買って来てホテルで食べた。
VFSH0413.jpg

仙台押し寿司とひらめのえんがわ寿司。どちらも笑っちゃうくらい美味しかった♪極楽極楽。
このお弁当は久々に大当たりって感じがした。
また食べたいなあ~。


VFSH0412.jpg

美味しく頂きました♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。