上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLOUD Vol.1 (1)CLOUD Vol.1 (1)
(2007/12)
不明

商品詳細を見る


レビューを見る限り、値段に見合った商品ではないらしい。
買うかどうかは未定だなと思いながら売場に行ったのだが…この表紙は反則だ(販促と書いても良いくらいだね)。クラ子のこんなの見せられたら買っちゃうって(笑)
「内容なんか無くても良いよ、クラ子好きだーっ!」って買っちゃった。
スクエニに良いように踊らされているな、私。でも幸せ(爆)

内容は充実しているとは言えないけど、付録のDVDもドSなセフィロスが見られて楽しいし、相変わらずギリギリの所で素顔を見せない社長のじらしっぷりも健在だし(笑)
一緒に見ていたセラと「社長!頼むよ社長!しゃ~ちょ~~~~~~!!!」って絶叫してた(痛)
これだけで値段分楽しんだような(笑)
でも、次はもっと内容も充実させて欲しいな。
少なくとも…社長とレノ&ルードのピンナップも載せてくださいっ!(血涙)
スポンサーサイト
2007.11.08 愛 その2
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
櫻井孝宏、森川智之 他 (2005/09/14)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


先日、妄想看病バトンから自分の中に湧き上がった妄想で楽しくブログを書いたんだけど、その後、友人の陽炎との会話で妄想の続編が出来たから書いてみる(誰も期待しちゃいないと思うけど、それでも書くのが妄想戦士だ!。爆)。

ファイナルファンタジーⅦのアドベントチルドレン関連で妄想看病について妄想する(勿論、看病されるのは私♪。痛)。今回はカダージュ一味編。
まず、ワガママなカダ子(←クラ子=クラウドの『自称・弟』だからカダ子…悪気は無いの。これもひとつの愛)。
きっとカダ子は「大丈夫、母さんが全部決めてくれるよ。母さんは何処?」と母さんに全ての手順を聞こうとどこかに行ってしまうからダメ(笑)
ヤズーは「あんた、体力、ゼロだな」と苦しむ私を見下してくるから、「んだとこらぁ!」と私が逆切れして看病要らず状態にしてくれそうだから、この時点でアウト。
ロッゾは「何だ、大丈夫か?早く治して一緒に遊ぼう」などと言いそうだから、こっちがメチャクチャ具合が悪そうな顔して、死にそうなフリをする。するとロッゾがウルッとしてくるから「な~んてね、泣いたの?」と苛めて「泣いてねえよっ!」と言わせる…あ、これはちょっとだけ萌えるかもしれない(痛)

あ~ぁ、妄想って楽しいなあ(激痛)。
こんなにも私を幸せにしてくれるFFⅦは最高だ!!
さ、PSPでもう1回鑑賞してこようっと♪
2007.11.05
このブログからもリンクさせてもらっている私の大好きなブログ* one's courage *さんで「妄想看病バトン」と言う記事があった(メッチャく茶面白かった!)。
自分が病気になっているという仮定で、誰かに看病してもらう。そのシチュエーションを答えていくってヤツなんだけど、ひとしきり笑ってから自分はどうだろ?とちょっと考えてみた(* one's courage *のyu-kiさんはファイナルファンタジーⅦのレノだった)。
エアリスが浮かんできた。
ちょwwwwエアリスって。
そりゃエアリス大好きだけど、ヴィンセントとかクラウドとかセフィロスじゃなくて、エアリスか~(いや、セフィロスならそもそも看病する前に「絶望を贈ろうか?」って楽にしてくれそうだから明らかにNGだけどさ)。
何か私、妄想とかヲタとか以前の問題で、今現在物凄く「愛に飢えてんじゃないか?」と不安になった。愛に飢えて、エアリスの母性を求めちゃってんのか?と(笑)。エアリス相手に「かあさん?母さんなの?」ってうわごと言っちゃったらやばいって(笑)
でも、エアリスに「もしも~し、熱、下がった?」とか「もう、大丈夫、だね」とか言われたら泣きながら頷くと思うけどさ(爆)
…と、妄想していて思った。エアリスが一番確実に看病してくれそうだって(笑)
ヴィンセントだったら一晩中律儀に傍にいてくれそうだけど、壁際でまんじりともせず一晩明かしているだけっぽいし(そこが好きだけどさ!)、クラウドだったら「きょーみないね」って素っ気なさそうだし(でも一応、解熱剤くらいは渡してくれそうだが)、セフィロスは論外、シドは「気合で治せ!」ってうるさそうだし(笑。でもシド大好きだ!)、ユフィは先に倒れそうだし、バレットはマリン以外はどうでも良さそうだし…社長はお坊ちゃまだからタークス派遣して終わりでしょ(それはそれで美味しいか。笑)。ザックスは面倒見てくれそうだけど、そんな事されたら号泣して私が脱水症状で延々悪化するし(クライシスコアで号泣しすぎて具合悪くなったし)やっぱエアリスかティファしかいないのか。そうしたら単純に好みでエアリスだな(でもティファも大好きだ!!)。


…orz 何、楽しく語ってんだ私(爆)
つか、改めて自分の脳内が心配(汗)
2007.11.04 頑張れ寅王丸
大河ドラマネタで日記書こうと思い立って、ニマニマしながらタイトルを打ったら「とラオウ○」って変換されて凹んでしまった。どうなってんの、私のパソコンは!!(笑)
さて、去年まで巧過ぎる演技で私の中ではイメージにピッタリな秀吉だった柄本さんの息子さんが大河に登場。しかも僧侶役なんで、色んな意味でドキドキしたのだが…良い具合にクラッシャーでしたなあ(笑)
物語の読み聞かせシーン辺りではこっちがバッタリ倒れそうだったけど、でもその前の平蔵との焚火のシーン辺りではなかなか良い表情だったなあと(私、彼が結構好きなのだ。民放のドラマで結構頑張っているよね)。ちょっと将来が楽しみ。でも後30年くらい寝かさないと親父さんバリの怪演は無理かなあ…。
しかし、勘助の演技が更に大仰になってきて不安。このまま最終回まで突っ走るとして、何処まで行ってしまうのか。そしてデンベエとタキチとカンスケが揃っちゃうと何故急にホームコメディみたいになるのかが未だに謎(笑。見慣れてきたから面白いんだけど)。デンベエ吹っ飛びすぎ(笑)
あと…萩乃さんはあんなあっさりと綺麗に終わっちゃって良いの?もうちょっとやらかしてくれるのかと期待していたんだけどな…。子供の頃に見た「武田信玄」の三条夫人付きの侍女・八重は凄かったのに(凄すぎて一種のトラウマだけど…あの八重は飯富さんを誑かして破滅させちゃったんじゃなかったっけ?)

しかし、一番の驚愕はラストの勘助の上目遣いっぷりと、予告編。
えええ~桶狭間まで勘助が一枚噛んでるの?!
あと、あの敦盛を歌ってたの誰?(涙。あれは上手いんですか?私には…これ以上言えないよぅ)。

今日の結論。
景虎様が出てくれないと面白くない(笑)

平蔵が逃げ帰った越後では、僧侶を世俗の垢にまみれさせ暗殺者に仕立てた宇佐美が潔癖症の景虎様にお仕置きされたのかどうかが気になる。
「かように汚き事、してはならぬ。これを義と呼ぶのか?さにあらず」って嘆いて欲しい(爆)

あ、タイトルからそれた(爆)
寅王丸には頑張って欲しいな。純粋な子みたいだから、立ち直って立派な僧侶になって欲しい。でも、人を殺めた事で、全て狂って行くのかな…切ないなあ。
クライシスコア-ファイナルファンタジーVII-アルティマニア クライシスコア-ファイナルファンタジーVII-アルティマニア
スタジオベントスタッフ (2007/10/18)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


特に攻略本の必要性を感じているわけじゃないのに、表紙に釣られて衝動買い。このイラストは反則だよ(いや、これが本当の販促なのか?)。
ザックスを囲んでアンジールとクラ子が居たらそりゃ買うしかないよ(涙)よりによって昨日の雨の日に買っちゃったんで、濡れないように気を遣うし、重たいし…でも幸せ(笑)
で、今日になって漸く開封した(爆)

以下、ネタバレなのでアルティマニア未読、ゲームクリア前等の方はお気をつけ下さい。
... 続きを読む
2007.08.31 大好きなの
今日は師匠に遊んでもらう日になっていて、待ち合わせは原宿だった。新宿・渋谷・原宿は特に苦手スポットである(笑)人が多くて怖いのだ。山手線の車中で間違いなく私の眼は泳いでいた。
すると代々木のホームに電車が入ったところでFFⅦのザックスが居るではないか。「あ~…ザックスだ~」ホームに巨大な看板が有り、そこにFFⅦクライシスコア(来月発売のPSPソフト)の宣伝ポスターが貼ってあったのだ。電車が止まってドアが開くとザックスの足元に居るエアリスが。
「エアリスゥ~~~」
フラフラと、電車を降りちまいました(爆)
どんだけエアリスが好きなんだ私(笑)
エアリスは私が生まれて初めて激萌えしたゲームヒロインなのだ。それまでゲームのヒロインと言うと足手まとい、泣き虫、同情引く発言連発、と大抵はぶっ飛ばしてやりたいキャラばっかりで、バトルでヒロインキャラがHPゼロになっても「ケッ!そこで死んでろボケッ!!」と本当に毒づいていたのだ(笑)
でもエアリスは違った。主人公をちょっと子ども扱いしている風に姉のようで母のようで、でもちゃんと主人公を尊重していて。しかも可愛いし。 ファイナルファンタジーⅦに惚れたのはエアリスとの出会いも大きかったなあ。その後でヴィンセントに完全ノックアウトを食らうわけだ(笑)
で、久々の山手線(極力乗らないようにしているんだよ…)でフラフラな時にエアリスとザックスとクラウドにセフィロスが居たもんだから、途中下車(爆)
ホームに人が居なかったのを良い事に携帯で撮影(怪しいがな)。で、次の電車が来るまで彼等を眺めていたら幸せな気分になったから原宿に向かった。これでもう大丈夫。


Image041.jpg

ありがとう、みんな大好きだよ(笑)
どんだけ好きなんだよ、私。でもヲタは楽しい(爆)
携帯の着信音を相手別に分けておくのが好きだ。
そうすると着信音で相手が判るので出る前に心構えが出来て便利なのだ。
新しい携帯に替えて、メールの着信音をFFⅦのアドベントチルドレンの着信ボイスにしてみた。ついこの間まで、親しい友人からのメールはセフィロスの「絶望を贈ろうか?」だった(笑)これが鳴る度に母が「ちょっと!絶望が届いているわよ?!」と驚くのが面白かった。
ところが先日、真夜中に、もう絶対にメールなんか来ないだろうという時間にこの着ボイスが鳴った。余りにも無防備な状態にセフィロスの「絶望を贈ろうか?」はちょっと厳しすぎた(爆)
ひええぇっ!!
自分でもドン引きするくらい驚いちゃったのだ。
これはまずい。そこで着ボイスを変えてみた。
今度は…シド(笑。好きなんだもん、あの喋り方)
「うるせぇな、ジャンプしろジャンプ!」
に変えてみたのだ。結構良い感じ。少なくとも夜中に鳴ってもビビッて泣きそうになる事はなくなった。

因みに別の友人からのメールには位下のものも使用中…
ヴィンセントの「電話屋は何処だ?」(このマネをすると絶対に舌を噛みそうになる)
エアリスの「行こう、クラウド」(これがかかるだけで…泣く。マジ)
レノ「お前等しつこいぞと!」(何か、元気が出る)
でもって、配信確認が社長の「気付けよ、親不孝者」
メール着信に関してはFFⅦアドベントチルドレンヲタっぽくて個人的にとても気に入っている♪

そうそう、セフィロスからシドに変えて以来、母は「ええっ?!ジャンプしろって言ってるわよ!!」と焦っている。もういい加減、慣れて欲しい(笑)
今日放送の回で『モノノ怪』の「海坊主」の回が終わった。
『怪ayakashi』の中の一編「化猫」を観てすっかり好きになってしまった薬売りの新たなシリーズ。
相変わらず説明は全然ないし、台詞も狂言回しの説明台詞はあっても核心に迫る部分に関しては説明台詞が極端に少ない。
でもそこがいい。堪らなくイイ。
前回の「座敷童子」の時もそうだったんだけど、最後の最後で胸が苦しくなるこの感じ…淡々と紡がれた物語に一言添えられる搾り出すような叫びが好きだなあ。

ヲタとしては、今日の薬売りが退魔の剣を抜いた後の美しさにやられっぱなしだった(笑)今回の舞いは一段と美しかった。
そしてネタバレになるから伏せるけど…あの人が本当はあんなに美しかったなんて…でも、醜い方が良いような気がするのはマニアックすぎるかな(爆)
楽しみにしていたはずのD.gray-man(ディーグレイマン)を見逃した。神田は出なくともラビが出たのに(涙。ラビ、大好きなんだよなあ)。
これはやはり、日曜辺りからおかしかった風邪のせいなんだろうか。
でも今日は結構良くなったんじゃないかなあと思っていたんだけど…本当に夏風邪ってしつこくて嫌いだ(涙)


D.gray-manを見逃しちゃったから、もう今日の楽しみは(日付上、明日なんだけど)クレイモアとスーパーナチュラルだけになってしまった。
クレイモアはどんどん面白くなっている気がする。原作を読んだらもっと面白いかなあ?
スーパーナチュラルはやっと吹き替えの不自然さに慣れてきた。でもCMでジェンセン・アクレスの地声を聞くと、あまりの美声に驚く(笑)
もし、ディーンの声がセフィロス系だったら別キャラっぽくなるのかもなあ(笑)
2007.08.01 悩みどころ
深夜に放送されているクレイモアが面白くてたまらない。重要キャラとそうでもないキャラが声優さんのキャスティングで解ってしまい、軽くネタバレ気味なのが気になるけど。
私は原作を読んだ事が無いから今後の展開がかなり気になる。元々が待てない性格だから、いっそコミックスを大人買いしようか考えてしまう。でも…まだ完結していないみたいだし、途中で雑誌も変わってしまったみたいだから、コミックスがどうなるのか不安だ。
以前、好きで買っていた別のコミックスは雑誌が変わり、出版社が変わり、その度に新装版が出て、ウンザリして買うのを止めてしまった。どうせならきちんと全巻通しで同じデザインが良いのだ。
悩みどころだなあ。

クレイモアでは今の所、テレサが一番好きかな。ルックスも強さも。次がイレーネ…でもヘレンが一番可愛い気がするのは何故だろう(笑)
後、女性クレイモアの覚醒者はデザイン的にツボなのが多くて楽しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。