上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、前々から欲しいと思っていたエコボトルを購入したのだが、翌日それが中国製だったと気付いた。私は割と熱いお茶を入れるから、何かが溶け出しそうで怖い(←粗悪品だという事が既に前提になっている)。
「チャイナフリーに買い換えてやる!」と叫んで、結局スイス製のSIGGボトルにした。メタリックレッドの600mlボトルだ。
よっしゃ!これにお茶を詰めて持ち歩けるぞ!!と早速、平泉の衡年茶を入れてみたのだが…
あちゃーーーーっ!!∑(@□@;
持てやしない(涙)
そこで、カバーを編んでみた。
b001.jpg

アクリルと綿の混合毛糸を使って、白とベージュの二色を2本取りで鉤針編み。細編みで底を作って、後は長編み。結構簡単に出来た。
これを被せると熱いお茶を入れても持つ事が出来るし、若干保温効果があるみたい。何よりぴったりフィットしているからかさばらなくて良い。これは重宝しそう♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。