上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.04
先日、やっと天鈴の訃報をここに載せる事が出来て、少し気持ちの整理がついたのでその後の我が家の怒涛の展開について書いてみようと思います。

まず、天鈴の訃報にメッセージをくださった方々に心からの感謝を。お返事はこの後で送らせて頂きます。ありがとうございました。

勿体ぶるほどの事でもないので先に書きますと、実は今、我が家に二匹の子猫がいます。
あんなに天鈴の事で落ち込んでいたのに?、天鈴以上の猫はいないと公言していたのにもう?と呆れる方もいらっしゃるだろうなと思います。自分でも、ちょっと呆れています。

天鈴が居なくなって、数日間は何をしても涙が出て困りました。
自分でもどうかしていたと思いますが、天鈴を探して彼の名前を呼びながら家の中を歩いた事もありました。ちょっと、重症だなあと冷静な時には失笑するほどでした。
私の中では今でも天鈴が一番の最高の猫で、彼は特別です。だから、新しく猫を迎える気持ちはありませんでした。ただ、もし天鈴のように飢えて傷ついた猫がやってきたら受け入れてあげたいとか、もし自主的にお迎えするとしても、保健所や保護団体から行き場のない子をもらってこようとか、そんな事は漠然と思っていました。
そして…心の片隅に、いつか天鈴が生まれ変わって帰ってくるのではないかと言う気持ちがありました。
一方、両親は天鈴が居なくなってすっかり無口になっていました。父は猫を買いに行こうと言うほど寂しかったようです。

そんな中、友人が知人から持ち込まれた二匹の兄弟子猫里親募集の話をミクシで告知していましたが、結局里親に名乗りを挙げる人はいなくて、友人が一匹をもらう事になりました。その直後、友人宅に近所の知人が猫を拾ったから貰ってくれないかと連絡をしてきたそうです。しかし友人はすでに先約があるから無理だと断りました。するとその相手が「保健所に持って行くか、週末で保健所に連絡が取れなければまた捨ててくるから気にしないで」と言ったそうです(世の中にはむちゃくちゃな人が多いですね)。
慌てた友人はあちこちにその子猫の里親を探して電話を掛けたけれど突然過ぎる話にすべて断られ、最後にせめて話だけでも聞いてほしいと私に電話をしてきました。彼女は私が天鈴を失って二週間ほどしかたっていなかったので気を遣って連絡してこれなかったようです。
泣いている友人の話に耳を傾けながら、何故か私は目の前で天鈴の尻尾が揺らいでいるような気がして仕方がありませんでした。
寂しさを埋めようとしているのか、安易な同情なのか、自分の天鈴への愛はもう薄れているのか…短い時間にずいぶん色んな事を考えました。
状況は逼迫していると言っても過言ではありませんでした。折しも、その子猫が捨てられようとしている翌日は大雨の予報でした。生後二か月弱の子猫は到底生きながらえる事は出来ないでしょう。
「あんたがもらう約束だった猫を引き受ける、あんたはその近所の猫をとりあえず保護してくればいい」
自分が手を差し伸べて救える命があるのなら、そして手を差し伸べるだけの余力が自分にあるのなら、そこに手を差し出す事は人としてやるべき事だと考えました。
結果として、輸送距離、双方の住環境を考えて友人は近所の猫を引き受け、私は最初に里親を募集していた兄弟猫のどちらかをもらう事になり、その兄弟の写真を送ってもらいました。
携帯の画面に映し出された子猫達は小さな体で寄り添って、ちょっと不安そうでした。
保護主さんも「とても仲の良い兄弟なので出来たら一緒に引き取ってくれる里親さんを探していた」との事でした。家族と相談して、兄弟両方を引き取る事にしました。
天鈴は一人ぼっちの猫で、彼にとっては私が全てでした。私が居なければオロオロし、泣き叫んで探し、留守番中もじっと一人で堪えていました。兄弟猫ならそういう寂しさは軽減できると思いました。

話がまとまった晩に、何故か一人で泣きました。こんなにも早く、天鈴以外の猫を受け入れた自分に情けなさと苛立ちを覚えていました。たった一つの救いは、新しい猫達に対して「天鈴の代り」と言う意識がない事だけでした。天鈴を失った寂しさを埋めるためと言う意識がない分、純粋にチビ達を愛せると思いました。
猫好きが二人いて、三匹の猫が救われたら上等だとも思いました。

そうして、7月13日に新しい家族がやってきました。

003.jpg
白黒の子が「晴杜(はると)」。晴れやかにお日様と青天の恵みある生を、と願って。
茶色の子は「来杜(らいと)」。光(ライト)ある明るい未来がやってくるように、と願って。



「可愛い子猫が来て良かったね、この子達がいれば天鈴の事も忘れられるんじゃない?」と近所の人に言われました。
それは違います。何があっても天鈴を忘れる事はできません。もし、忘れる事があったら私は自分を許せません。時間が経過すると共に、天鈴を失った痛みは和らぐでしょう。でも、彼との思い出が薄れる事はないと信じています。
そして晴杜と来杜はそういう私と一緒に思い出を作っていくんだと思います。
天鈴のために買い置きした猫砂を使い、天鈴が好きだった猫缶のストックを食べ、子猫達はすくすく育っています。天鈴の遺産で育って行くねえ、と微笑ましく思う自分がいます。
不思議な事は、天鈴が好きだった場所や、天鈴が良く寝ていたイスを子猫達が好む事です。

この出会いが天鈴が見守ってくれた縁だったらいいなあと思わずにはいられません。
そう願う気持ちも、天鈴が空から見ていてくれると願う気持ちも、全ては取り残された人間の身勝手な妄想にすぎないかもしれません。いえ、ご都合主義にすがっている私の妄想にすぎません。
それでも、新たに迎え入れたこの子猫達と一緒に、新たな生活を送って行こうと思います。


そして、もう天鈴は居ませんが、ここはこのまま「天鈴の箱」として続けていこうと思います。

最後まで読んでくださった貴方に、心からの感謝を。

スポンサーサイト
2008.07.14 猫星
6月16日に、天鈴くんが星になりました。
猫エイズに負けてしまったようです。
私は天鈴くんに置き去りにされてしまいました。

最後の三日間、天鈴くんはずっと私と一緒でした。離れていたのは私のトイレと入浴時間だけでした。
家族は、天鈴くんに「もう頑張らなくて良いよ。眠って良いよ」と言いました。
私は「お願いだからもっとそばにいて。頑張って」と大分、無理を言いました。

夜中に天鈴くんに呼ばれて、彼のトイレの介助をして、抱きしめて、寝かしつけて、彼の顔に沢山キスをして寝ました。その二時間後に、天鈴くんは星になってしまいました。
ふと気付いた時、天鈴くんはうっすら目を開けて、微笑んだような顔で私を見ていました。
ああ、具合が良くなったんだなと思って名前を呼びました。
いつでも、どんな時でも、私の声にだけは絶対に返事をしてくれた、あの綺麗で長い、優しい尻尾が動きませんでした。

天鈴くんを、ペット葬儀社さんに頼んで、庭で火葬してもらいました。
真っ白な骨になった天鈴くんは、今私の部屋にいます。
天鈴くんの小さくて綺麗な指の骨と爪をカロートキーホルダーに入れていつも持ち歩いています。
もう二度と、天鈴くんは私を呼んでくれないし、あのふかふかの体も、暖かくて酸っぱい匂いのする肉球も、もう二度と触る事はできないけれど、それでも、私は天鈴くんと一緒にいます。永遠に、天鈴くんは私の一番大事な子です。

天鈴くんが居なくなった事をここで記事にする事が、なかなかできませんでした。
天鈴くんは、何よりも、誰よりも大切な子でした。


00010.jpg

5月29日 妙にご機嫌で私の毛布をフミフミしていた天鈴くん。
たった三年しか一緒に暮らせなかったけれど、天鈴くんを捨てた人を酷いと思ったけれど、でも天鈴くんを捨てた人のおかげで私達は出会えました。決して良い形でやってきた縁ではなかったけれど、それでも、最後に彼を抱きしめる事が出来たのが自分で幸せでした。彼が最後に選んでくれたのが私で、それが、他の誰に選ばれる事よりも、私にとっては名誉な事でした。

もし、神様がいるのなら、私の命を半分、天鈴くんに分けてほしかったです。
死ぬ時は、一緒が良かった。
2008.05.09 天鈴の近況
気付けば放置しまくりのこのブログ…ダメブロガーで申し訳ない(-_-;)
天鈴は元気です。
この頃、甘えん坊度が増してきている気がします。
最近は私の部屋に良くやってきて、足元で嬉しそうに尻尾を揺らしながら寝る事が増えました。


00003.jpg

こんな感じでベッドを占領する事も多い(笑)
お互いに何をするわけでもなく、ただ同じ空間を共有しながら、時々相手の気配を感じて落ち着いている…それだけの関係が結構心地良い毎日です。




00004.jpg

私の部屋で寝ている時はいつも手が中途半端に宙に浮いていて可愛いです。
時々、この手がクイクイッと動いて空中踏み踏みになります(笑)
そして私は寝ている天鈴のお腹に顔をうずめて匂いをかぐのが好きになりました。
ってほのかに酸っぱくて良い匂いがします♪
a001.jpg


引越し以来、元気がなくて痩せてしまった天鈴もやっと落ち着いてきたみたい。
濡れ縁に座布団を敷くとそこで日向ぼっこをするようになった。
ただし、脱走防止のリードはつけているけどね。




a002.jpg


娑婆の風を嗅ぎながら偉そうな天鈴くん。
ここは僕の家だニャ!と威張ってそうなところが可愛い♪

長生きしろよ~と毎日念じている。
丸一ヶ月もこのブログを放置してしまった…orz
引っ越し準備に追われ、引っ越し後の後片付けに追われ…疲弊しきった一ヶ月だった。
天鈴も引っ越しのストレスで激痩せしてしまい、一時期は私も心配でたまらなかったけど、新居が気に入ったのかやっと落ち着いてくれて、今ではご飯もモリモリ食べ、立派なンコもしている。

どんな具合かと言えば…

00001.jpg

私の部屋に入れたおニューのベッドを我が物顔で占領。一番に寝たのが天鈴くん(笑)
私が寝る頃には猫の毛だらけ…ま、気に入ってくれたならいいけど。





00002.jpg

ここは僕の寝床なんだニャ~



やっと落ち着いてくて、ゲームができる環境にもなってきたのでまたくだらない記事をアップしていくと思います。よろしくお願いします。
2008.02.08 元気です
00208.jpg


先日の節分の時に撮った天鈴くん(笑)縁起物ですよ♪

福豆におまけで付いていたおかめを無理矢理被せられているんだけど、嫌がったらすぐに外そうと思ったのに嫌がる気配はなく、「いつまで被っていたら良いのかニャ?」と言う感じだった。
お馬鹿な飼い主に付き合ってくれる、優しい天鈴くんでありました(笑)

近頃、忙しくて殆ど更新できません。
来月辺りからちゃんと復活する予定ですm(__)m
相変わらず、私が出かける事に切れ気味の天鈴くん。
今日も置いていかれた事にご立腹(笑)
友人宅に午前中から遊びに行って、夜帰宅すると恨みがましい顔でじーっと見つめてくる。
「寂しかったの?」と訊いたら、目をそらして「フン!」と言われてしまった(笑)
でも、無限に愛を求める猫が結構好き。そんな私はきっとドM(笑)
2008.01.02 寝子ですから
ten042.jpg

今日も天鈴くんは良く寝ている。
さすが、寝る子と書いて(笑)
でも、この寝顔が何よりも私を慰めてくれるのだから、は寝ているだけでも立派に役目を果たしているね。
2007.12.18 天鈴君の決意
近頃、毎朝父と一緒に車で出かけている(父の手伝いに借り出されているので)。
今朝、「行ってくるね」と天鈴に声をかけたら、喉をゴキュッと鳴らした天鈴は尻尾をピンッと立てて、何か意を決した表情で私を玄関に先導し、ドアに鼻をくっつけて「僕も行く!」と決意の程を示していた(笑)
いつもなら車のエンジンを聞いたら逃げ出して物陰からそっと恨みがましく見送る天鈴くんなのに。「この頃、置いていかれてばっかりだから、僕も着いていくんだ!」と言う顔に見えた。
カタカタ震えながらドアに鼻をくっつけている姿はちょっと痛々しいやら可愛いやら。
「ダメ。天鈴はお留守番ね。ちゃんと帰ってくるから」と言うと項垂れて引き返し、上がり框の上で「みゃー」と見送ってくれた。
猫って面白いね。本当は中に小人が入っているんじゃなかろうか。
2007.12.10 もう、いい?
夜中の三時半頃だったかな。
廊下で天鈴が寂しいよ~って鳴いていた。
目が覚めて、部屋のドアを開けると、天鈴が小声で「ナオゥ~」と鳴きながら駆け込んできた。
まん丸な目で、私が掛け布団を跳ね上げた布団の縁に駆け寄り、おずおずと前足で布団の縁を叩く。
天鈴を保護した日、私は自室に天鈴を入れて一晩過ごしたけど、まだお風呂にも入っていない天鈴を布団に入れてやる事が出来なかった。「ここには入らないで」と布団の横にタオルをしいてやったのだ。それ以来、天鈴は自主的に私の布団に入ろうとはしない。
それが、最初のあの晩のように心細そうな顔で「だめかにゃあ?」と項垂れている。
私は布団に横になって、自分の隣をポンポンと叩いた。
「ここ、いいよ。おいで」
天鈴はちょっと考えて、まず両前足を乗せて、私の顔を見つめる。
「大丈夫、もうだめじゃないの。ママの横においで」
ゆっくり、天鈴の目を見て、言ってみた。
「にゃん」
天鈴はそっと布団に上がって、ちょっと遠慮しながら私の横で香箱を作った。私はゆっくりを掛け布団を掛けた。天鈴は目を細めてこっちを向いて、暫くゴロゴロ喉を鳴らし、私にくっついて一時間ほどそうしていた。
天鈴は、満足したのかな。
私は、とっても満ち足りた気持ちになった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。